Coronavirus News 2020


【ラグビー部の新型コロナウイルス感染症対策について】

新入生および保護者のみなさまへ (2020-04-16)

新入生のみなさんへ

 大変困難な時期ではありますが、入学おめでとうございます。
 ラグビー部は、課外活動が再開されましたら、すぐに皆様を安全な状態で迎えられるように【新型コロナウイルスが収束(終息)するまでの活動指針】を策定し実施しております。
 まだ先が見通せない状況ではありますが、ラグビーに興味をお持ちの新入生は、SNSメール等で主将・新歓担当者までご連絡願います。

ラグビー部の新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルスに感染し闘病中のみなさまにお見舞い申し上げます。また不幸にも治療の効果が見られずに旅立たれた方々およびご家族のみなさまに心からお悔やみ申し上げます。
 今年度の授業開始が4月6日から15日に延期された事を受けて、3月20日に主将・副将・スタッフが集まり対応を検討しました。その後はメールで議論を重ねながら、当初は授業開始前に1日でも早く練習を開始できるようにする方針でしたが、我々の活動により感染を拡大させないことへ目的を変更し作成を進めました。途中、状況が悪化し活動を開始できないのではと諦め掛けた時期もありましたが、この指針を実施することにより自身の感染リスクを低減し、家族をはじめ社会への感染拡大防止に繋がることを確信し、3月27日に主将・副将が中心となって第1版を完成させました。
 別紙3「個人検温・体調検査表」については、3月25日から実施し、自身の体調管理のほか行動履歴も記録し、感染リスクの高い場所へ出入りしていないかクラブ内で確認し合い、問題があればお互いに指摘し合い改善する体制を取っております。
 1日も早い新型コロナウイルス感染症の収束(終息)に向けて、今われわれの出来ることを最大限行って、新入生のみなさんをお待ちしております。
 最後に医療の最前線で対応しておられます関係者のみなさま、生活必需品の生産・供給に携わっておられます方々に御礼申し上げますと共に感謝いたします。

令和2年4月16日
監督 八巻和幸
昭和61(1986)年卒業


我々が検討した全文は、以下のPDFファイルでご確認頂けます。

【ラグビー部の新型コロナウイルス感染症対策について】



【新型コロナウイルスが収束(終息)するまでの活動指針】
第1版 (2020-03-27)

 ラグビー部は、新型コロナウイルス感染症について検討した結果、本指針に基づいて部員とスタッフの健康管理を行いながら活動します。
 以下の指針は、現時点でのものであり、随時、変更される可能性があります。

<選手自身の自己管理に関して>

  1. 部員は自己の体調管理を行い報告する
  2. 部員は感染した場合に備え、別紙3のとおり毎日、体調・行動の記録を行っておく
  3. 部員は不特定多数の人と接触する可能性の高いライブ・イベント等に参加しない
  4. 食前後・外出からの帰宅時は必ず手洗いうがいを行う

<練習に関してのクラブとしての取り組み>

  1. 練習前後に手指の消毒または洗浄を行い、別紙4に記録する
  2. 着替えの前に非接触型体温計で体温を測定し、体調確認を行い別紙4に記録する
  3. 体温が37.5℃以上、咳・嗅覚喪失等の自覚症状がある人は参加を禁止し自宅で待機する
  4. 自宅待機となった部員の状況を確認するための連絡網を確認する
  5. 部員に感染者が発生した場合には、ただちに活動を停止し関係機関へ報告すると共に別紙3を元に感染経路の調査を行う
  6. 部員の関係者(家族、アルバイト同僚等)に感染者が発生した場合には、その部員の練習参加を2週間停止する
  7. 部員の家族構成を確認し、高齢者など重症化し易い家族と同居している部員は自粛または別メニューで行う
  8. 筋力トレーニングは、トレーニングルームなど密閉空間では行わない
  9. 練習は屋外で接触の少ない練習からはじめていき、状況を見て徐々に制限を解除していく
  10. 水分補給についてはウォーターボトルを共用せず、各個人でボトルを分けて摂取してもらう
  11. ミーティングを行う場合は窓・ドア開け十分に換気を行い、部員間の距離が近くならない広い教室を使用する
  12. 部室の利用は窓・ドアを開け換気を十分に行い、着替え・準備目的とし長時間の滞在を避ける
  13. 練習後、不要不急のことがない限り、部員同士で食事をしない

 別紙3、4については、定期的に部長または監督へ提出し、本指針が徹底されていることを確認します。
 以上、細心の注意を払って活動を行いますが、活動への参加は強制ではなく、自己の判断で参加してもらう事とします。

2020年3月27日
横浜市立大学ラグビー部 主将  吉村 光生
副将  佐藤 顕
副将  大薗 拓未



<<< 新型コロナウイルスの対応について >>>

【 本クラブでの対応(3月11日) 】

 3月11日大学から、以下の再通達がありましたので、指定期間までの練習を中止いたします。

  (抜粋)「感染拡大防止の観点から、3月15日までとしていた課外活動の中止・延期の期間を3月31日火まで延長します。」


【 本クラブでの対応(3月6日) 】

 3月5日大学から、以下の通達がありましたので、指定期間までの練習を中止いたします。

  (抜粋)「3月15日(日)までの間は、課外活動は中止または延期としてください。」


【 本クラブでの対応(3月3日) 】

 新型コロナウイルスに関して、各所から要請や対応が示されております。
 本学においても、以下の指針が示されております。
 
  新型コロナウイルス感染症への対応について
 
 現時点では、下記所属団体から、練習・試合の自粛等の情報は発信されておりません。
 
  神奈川県ラグビーフットボール協会
  関東大学ラグビーフットボール連盟
  関東ラグビーフットボール協会
 
 ラグビーフットボールは、コンタクトを伴うスポーツで、常日頃から鍛錬して試合に臨まなければ危険を伴うものであります。
 指針等を検討した結果、本クラブにおきましては、当面の間以下の基準で練習を行う事にいたしました。
 
   (1)筋力トレーニング・ラン・パス練習を中心としたコンタクトの無いメニューで行う
   (2)筋力トレーニングは、トレーニングルームなど密閉空間では行わない
   (3)体温が37.5℃以上、咳等の自覚症状がある人は参加禁止
   (4)以上、細心の注意を払って活動を行うこととする
 
 上記は、現時点での対応で状況に応じて随時変更します。
 練習に参加されます卒業生等におかれましては、上記をご承知の上、ご参加頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

令和2年3月11日          
 監督 八巻和幸